FC2ブログ
宝石箱の意。少しづつ増えていくコレクションのように。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年01月24日 (月) | 編集 |
高校生の頃から結構好きな森村泰昌さんの
「なにものかへのレクイエムー戦場の頂上の芸術ー」に行ってきた。



結構遅めに行ってしまって
作品数は43点と聞いていたので、
まーだいじょぶかなとなめてかかってたら
まさかの映像作品もありで、ギッリギリ(笑)



コレクション展も一緒にセットで券買ってたから
ほんとにさーっと流す、みたいな。
気が付いたら周りに誰もいなくて
「あ、やべ閉館や」ってあせったし。
出入り口見失っておろおろする始末。




久しぶりにモリムラ作品見たけど、
やっぱ、この人おもしろい。




ずーっと一貫してセルフポートレイトを撮り続けているのだけど、
その化けっぷりがホントにすごい。
例えば、過去には名画になったり、女優になったり。
モナリザとか、マリリンモンローとか。




技術的なことはさっぱりわからんけど、
一枚の写真の中に、何人か登場人物がいる場合にも
ほとんど全部森村さんが演じてるの。すごくない?
男も女も老いも若きもでっせ!




今回は、三島とかゲバラとかヒトラーとか、
アインシュタインとかピカソにダリ、
20世紀の特に男性になった森村さん。




あまりにも有名なその顔に、あるいは歴史的瞬間に、
森村さんらしい茶目っ気やたぶらかしが楽しくて
おかしみつつも考えさせられ、非常に楽しめましたわよ!




帰りにご飯食べに行ったら
何の連絡もしてないのに
またMやんとばったり遭遇。
うぷぷぷぷぷぷぷぷぷ。笑ける。


兵庫県立美術館にて開催中!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。