宝石箱の意。少しづつ増えていくコレクションのように。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年04月01日 (木) | 編集 |
3月はなかなかに忙しく(悲しいかな、仕事はあまり)
神戸・大阪・奈良をぐーるぐるぐるぐる。

4月もこのループは続きそうです。



気が付けばこのブログも相当長いこと放置…。
しかも最近とんとジュエリーのこと触れてないような…。



思い出したかのように4月の誕生石の話でもしてみます。
正直言って一番誕生石でうらやましいと感じてしまいます。
みんなの憧れ、ダイアモンド!!


15世紀の中ごろまで、ダイアモンドは今ほど高価で
美しいものとしては評価されていませんでした。
誰一人、このとてつもなく硬い石を磨けなかったからです。


そこへ登場するのが若き職人、ベルクェム。
彼は親方の一人娘に恋をしてしまうのですが
足も不自由で貧しいベルクェムとの結婚を親方は
どうあっても許してくれません。

しかし腕利きのベルクェムも手放したくない親方は
一計を案じます。

親方、悪人ですな。

結婚を許す条件は
ダイアモンドを磨くことが出来たなら、
というものでした。

さあ、困ったベルクェム。
数世紀の間、幾多の宝石職人たちが挑戦しつづけ、
いまだに誰も成功していないのですから。

しかーしさすがはベルクェム。
娘と結婚したい一心で(世が世ならストーカーだな)、
情熱と心血を注ぎ込み、長い長い年月をかけた苦労の結果、
とうとうベルクェムはダイアモンドを磨くことに成功するのです!


ダイアモンドは
ダイアモンドによって磨かれる。



誰も気付かなかったダイアモンドの研磨方法を発見、
親方の店はベルクェムのおかげで大儲け。
娘の頑なな心も長い年月のうちにやわらぎ、
真実の愛に包まれた大変幸福な人生だったそうです。



ファンタスティック!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。