宝石箱の意。少しづつ増えていくコレクションのように。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年07月21日 (木) | 編集 |
ぎゃぼ…。





今月はのっけから散々でした。




予定していたプチ同窓会二件、体調不良でドタキャン。
予定していたプチ女子会(…ん、わかりやすくな、言っただけだから、ほんとに)
二件も雨で予定していたお店にいけず。




10日ごろですかね、

なーんか、ちょっと目が痛いっていうか、違和感感じてたんです。
ただでさえ半端なく目が悪いのに、急に視力もっと悪くなったような。
コンタクトしててもメガネさんでもなんかぼやけるのね。




おばーちゃんもなんか目から血が出てホラー映画みたいになったので
眼科に連れて行くがてら、私も受診してきました。



色々調べられて、
「ちょっとひどいね。何か色々問題あるから。
今混んでるので、もう1回あなただけ個別に呼びます




「え?ちょ、あの、え?」とか言ってる間に
先生、無情にも「次の方ああ!」ですよ。
仕方なく診察室から強制退去、これから助手さんから色々説明されるらしい。




助手さんが、すごい悪い笑顔で私のコンタクトレンズを持ってきて
「ふふ、これはキてますねえ」
いやいやいやいや、これほんとですからね?
ていうかもう絶対助手さんがキてるだろ。



散々、私のコンタクトレンズがいかに古いものであるかをとくとくと語られ、
怪しげな笑顔を貼り付けたまま、傍らの顕微鏡をくい、とあごで指す助手。
見てみろってことか、くそおおおおお!













あ。ボロボロだ♪












いや、ほんと、しゃれにならないくらいボロッボロでした。
おはじき?あれ、おはじきなの?




したり顔で助手が「もう観念してください」
お前何者おおおお????




そうこうしているうちに診察室からお呼びが。




先生「どう?みせてもらった?」
何コレ。
もう片手にワインとか持ってるような感じで切り出されまして。

私「あ、はあ。レンズ、ボロボロでした。」

先生「ふっ。あきらめてね、もう。あなたの角膜まで、傷ついちゃってるから」


おいいいいいいいいいいい!!!
ここ、眼科ですよね?何このワンクッションと小芝居。
ていうか、さっき言っても全然問題ない情報ですけどおおお!!



なぜかいる助手「もうアレは、ねえ?くくく。いや、失礼、本当に新しいのにしたほうがいいですよ」



くあああああああああ!!!
いや、もうここまで言われちゃったら買うしかねージャン!
支払いは現金のみだあ?上等だぁ、買ってやろージャン!




私「あ、そしたら買います」
助手「無理。角膜の状態よくないですから」










くああああああああ!!!!
むかつく!すごいまっとうなこと言われてるけど腹立つ!



あれだけあおっといて、何この仕打ち!



うおおおお、いややー、何か知らんがめっちゃ欲しいいいいいい!!!



眼科来てこれだけ色んな感情湧き出たのはじめてです。
何、この気持ち…、多分むかつきながらも次回また行ってそうです、私。
つーか、お願い、売ってください…。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。