宝石箱の意。少しづつ増えていくコレクションのように。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月28日 (火) | 編集 |
イブの日はいつものみんなといつもの店で。
お前らどんだけ寂しいねん。


さみしい人たち

あ、ちなみに私の頭に載ってるの、サンタ帽と、ツリーと、
わさびの葉っぱです。
仲良しカップル2組も来たからかなり盛り上がって、
気付けばかなりのいい時間。


そろそろ移動しようと外に出たら雪!!
キャー!こんなん初めて!
4人のテンション跳ね上がる。



これがあの伝説のホワイトクリスマスってやつですかい。



めったに雪の降らない地域にばっかり住んでるもんやから
あほみたいにはしゃいで降ってくる雪、食べようとしてまうけど
それバリ汚いしな。みんなやめような。



移動してから、仕事を終えたアキトくんが来てくれました。

悪サンタ登場


しかも!なんと!
プレゼントまで持ってきてくれた!
わーい!ありがとう!!
うちら誰もそんなしゃれたこと思いつかんかったけど、な。



しんきょには  ひげ。
この顔



ゆきちゃんには  燃える下心。ぴったりやな



で、あたしには  …ムチ。
画像は別のお方です




ま、それからムチでしばきあいが始まったわけやけど、
あれってめっさ痛いな。マジで。



ええ顔してまんがな



なんかそのあと寝てしまって記憶ない。
記憶が無いのって悲しいなあ。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。